自動車保険と年齢条件

自動車保険と年齢条件についてであるのですが、自動車保険料というのは、年齢条件が高ければ高いほど安くなります。年齢によって、事故を起こす可能性が高いとされているのであるのですが、やっぱり若い年齢の方が事故を起こしやすい、その分リスクが大きいといわれているのですから、年齢が高ければ高いほど自動車保険は安くなるような年齢条件で保険料が設定されているのです。
自動車保険の年齢条件は、4種類あるのです。年齢を問わず全年齢担保というものがあるのですが、こちらは、すべての年齢の人を対象にしているのですから、いちばん保険料が高い自動車保険ということになります。そして21歳以下不担保の時には、21歳以下の人が乗ると自動車保険の対象になりません。あとは、26歳未満不担保、30歳未満不担保といったように年齢条件が設定されているのです。
年齢条件不担保で何歳と決められている時には、その年齢以下の人が万が一自動車に乗っていて事故を起こしてしまったとしても、保険金は下りないという意味なのであるのです。自動車保険の年齢条件は全年齢担保と、30歳未満不担保では割引率が倍以上になるところもあるのです。年齢が高ければ高いほど自動車保険は安くなります。
家族で30歳以下の人がいてもめったに運転しないのに、全年齢担保をかけていると逆に高くつきますからよく考えて自動車保険をかけましょう。
posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32166645
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック