生命保険一般課程試験

生命保険一般課程試験ってご存知ですか?

生命保険一般課程試験というのは生命保険に加入してもらうために必要な知識やスキルなどを試験で判定するというもので大学課程試験を合格している人には、トータルライフコンサルタントという名前の資格をもらうことができるというものであるのです。

生命保険一般課程試験は、生命保険協会が全国で一斉に行っている試験で、お客様に信用されるだけの知識やスキルが身についているのかどうかをチェックするための試験であるのです。

生命保険会社で働いている人などは研修を受けてから必ず生命保険一般課程試験を受けなければいけません。

生命保険一般課程試験は生命保険協会が決めている単位を履修してから2カ月以内に試験を受けなければいけません。

生命保険一般課程試験は一か月に一回行われているのですから生命保険のセールスレディーになったり、営業の仕事に就いた時には生命保険一般課程試験を受験しなければいけないことになっているのです。

知り合いも、その知り合いの妹の生命保険会社で働いていたことがあったのであるのですが、生命保険一般課程試験を受験するために毎日勉強や講習会などを受けていたのを思い出しました。

生命保険会社で働くなら必ず必要な試験であるのです。
posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険