単品で

医療保険をこれから入ろうと思っている人は特約で入ろうとせずに、医療保険単品での加入をするようにしましょう。


特約というのは死亡保険に特約として医療保険もあるのですが、特約は保険料を抑えることができるという反面、実は、特約を付けてしまうとメインの主契約の死亡保険がなくなると特約の効力もなくなるというデメリットがあります。


ですから単品で医療保険にも加入しておかなければいけないということになるわけです。


家族で特約で入るというメリットもあるのですが、保険というのはそれ自体が一つ一つの契約者に対して保障が発生しますかから、節約をしたい、お金が苦しいけど医療保険にはいっておかないと、と思っている人以外は、できれば医療保険を単品として考えてはいるというのが一番です。


家族で医療保険にはいる特約型で加入を考えているという人の場合には加入の際に保険会社に確かめるべきことがあります。


それは、主契約をしている人が万が一死亡してしまった場合にはその後の家族の特約として加入していた人の医療保障はどうなるのかということです。


その場合に保障が消滅して再加入が必要なのか、それとも保険料を下げた状態でまだ医療保険に入りずつけることができるのか、その点をしっかりと考えて検討したうえで家族型にはいるようにしましょう。


医療保険は主契約の人の死亡保険の特約で入っている人も多いですが、より手厚い保障が必要なら、単品で単独で入る必要があります。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療保険