必要性

学資保険の必要性については、家庭ごとにその必要性は違ってくると思います。


なぜなら家族の今の状況や考え方によっては必要がないというところもあるからです。


学資保険というのは入っていればそれで安心という商品ではなくて、教育資金を先々で困らないようにするために入る商品です。


学資保険は親に万が一のことがあっても、万紀学資金が全額もらえるので保障がありますから必要であると言えば必要であるのかもしれません。


しかし契約内容を確認してもしかすると親単独で入っている死亡保険の保障がかなり額の高いものに入っているという場合なら、育英給付金をつけてまで学資保険に入る必要はないのです。


返戻率が100%以下の学資保険に入ることのメリットもあまりないかもしれません。


特に今の日本の経済状態では利回りも悪いですから学資保険に入ったところでそれほど得をするというようなことはありません。


利回りがよかった時は加入しておいた方が絶対にいいというようなことがありましたが、今はそれほどの価値はないと考えられています。


ですから学資保険に入ることが本当に家計にとっても家庭にとっても必要なことなのか、まずはそのことについてを理解したうえで 加入した方がいいでしょう。


子供が産まれたら絶対にすぐに学資保険に入らないといけないってわけでもないようなので、一度よく検討したうえで学資保険について考えてみましょう。


必要性について見直してみましょう。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学資保険