保障型

学資保険には大きく分けると貯蓄型と、これから説明する保障型の二つに分けることができます。


保障型の学資保険というのはお子さんに万が一のことがあった場合の医療保障がついていたり、死亡保障が付けられている学資保険のことをいいます。


具体的には、契約者に万が一のことがあっても、育英年金が満期までもらえますし、死亡保険金も受け取れるという保障に加えて、こどももけがや入院をしてしまったり、通院や死亡といった場合には、保証が付くというのが特徴です。


例えばどんな学資保険などにこの保障型のものがあるのかというと、ソニー生命の学資保険は一切保障はありません。


あれは貯蓄専門型の学資保険になっていますから注意しましょう。


例えば子供さんに既に生命保険をかけているという人や共済などに加入しているという人などの場合には医療保障はそちらで十分に補えると思いますから、わざわざ医療保障付きの学資保険を選ぶ必要がありません。


重複して入るということは保険料の無駄になるので注意しましょう。


保証型の学資保険を商品として販売しているところとしては郵便局のかんぽの学資保険もその一つですし、日本生命の学資保険も保障型の学資保険になります。


まだ医療保険に入っていないという人で学資保険を考えている人なら保障型がいいと思いますが、医療保険に入っているのであれば学資保険を選ぶ際には貯蓄型を選んでおいた方がいいと思います。


無駄な保険料の支払いがありません。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学資保険