税金

学資保険と税金はかかわり合いがあるのでしょうか。


学資保険では祝い金が支払われたり満期給付金なども支払われると思いますがこの支払われたお金に対しては税金はかかるのかということが気になるところです。


大学に入学するときに支払われるという場合には学資保険は所得税の対象になりますから、祝い金から、今までに払い込んだ額から、特別控除額の50万円を引いてそれの半分が税金ということになります。


また最近は小学校入学、中学校入学の際に祝い金が出るという学資保険がありますが、学資保険の加入年齢がたとえば0歳だったとして1年間に24万円支払った場合に、小学校に入学するときに10万円もらったとすると10万円から24万×6年分から控除額の50万円を引いてそれを二で割りますから、マイナスの答えになります。


この答えがマイナスになった場合には、税金はかからないということになります。


結論からいってみるとどんな学資保険であれ、誰の学資保険だったとしても現在の日本の学資保険では税金がかかってしまうほどの高利回りの学資保険は残念ながらありません。


バブルの時代などは高利回りの学資保険も多数ありましたから、その時代は学資保険に税金がかかってきたということはありますが、今の経済状況で行くと、学資保険で受け取った給付金や祝い金で税金がかかるということはないとみてもいいと言われています。


親に万が一のことがあった場合の育英年金についても税金はかかりません。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学資保険