解約

学資保険は途中で満期を待たずに経済的な理由など色々な理由で途中解約をすると解約返戻金がもらえます。


しかし一度解約してしまうとその時点で学資保険の保障はストップしてしまいますので注意しましょう。


学資保険の中途解約をした場合には、保険会社から受け取ることができる解約返戻金がありますが、簡保の学資保険の場合には還付金という呼び名で呼ばれています。


途中解約をすれば学資保険で今までに積み立ててきた、払い込んできた保険料は満額帰ってくると思っている人は多いのですが実はそうではありません。


解約返戻金は実は全額戻ってきませんし逆に損をしてしまいます。


ですから学資保険の途中解約というのはできるだけ避けた方がいいと思います。


保証だけを残しておきたいと思っているのであれば解約返戻金を保険料にして保険会社に貸し付け可能な場合もあるのでその場合には保障はそのまま継続しますが満期になっても満期給付金は受け取れません。


今までに支払ってきた保険料の範囲の中であれば保障を受けることは可能ですし、保障内容、祝い金などの受け取りを少なくしたり見直せば毎月の保険料というのは極力負担を軽くすることは可能です。


ですからそういった面で学資保険の支払いが家計の負担にならないように改善していき、できるだけ一度加入した学資保険は、解約しないようにした方がいいと思います。


万が一解約をするということになれば、解約返戻金は払込金額よりも低いことはあきらめなくてはいけません。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学資保険