ja

jaの学資保険は簡保の郵便保険の学資保険と比べて比較検討する人が多いと言われています。


簡保もjaの学資保険もどちらも選ばれている学資保険の一つとして知られていますが簡保のようにどこの郵便局でも加入できるという加入窓口の多さ的には簡保には負けているといってもいいと思います。


郵政民営化になったので簡保とjaは同じ土俵になったのですがどちらが今選ばれている学資保険なのでしょうか。


民間の保険会社で加入する学資保険に比べてみると保障内容もしっかりしていますし、充実していると思います。


学資保険に加入するときには組合会員という形になります。


組合員になって出資金を支払ったことで学資保険に加入することができるという流れです。


jaの学資保険は将来の子供の教育資金を積み立てることを目的にしていますが、貯蓄性の高いことが特徴としてあげられます。


子供が0歳から22歳までの時期に契約をすることになり、それぞれ幼稚園、小学校、中学校、高校、大学といった入学のシーズンには5回祝い金が支払われるので入学となると何かとお金が必要ですからそのための資金繰りには困らないのが特徴です。


契約者が万が一死亡してしまった場合には、保険料は不要になるだけでなくきちんと養育年金も支給される特約もあるので合わせて検討してみるといいと思います。


農林水産省の管轄ですから民間の保険会社見たいに契約保障がないというデメリットがあるのですが安心して入れる学資保険です。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学資保険