育英年金

学資保険の育英年金という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、育英年金は学資保険に入っている時に契約している親などが死亡したり高度障害になってしまった場合などに学資保険が満期になるまで育英費用を年金という形で受け取ることができるという仕組みのことをいいます。


育英年金付きの学資保険というものにはいれば親に万が一のことがあっても安心ということになります。


育英年金付きでない場合でも学資保険の特約として育英年金をつけることができる場合もあります。


簡単に言えば親が万が一の場合にはそれからの保険料は支払わなくてもいいし、それでも満期がくれば満額学資保険金を受け取ることができるという仕組みになっているわけです。


こういった学資保険の特徴としては、保障が手厚いことからお得で賢く学資保険に入ることができていると思っている人も中に入るかも知れません。


しかし実際には保障型の学資保険に入りますから貯蓄型の学資保険に比べてみると返戻率は100%を切ってしまいますからお得で賢く学資保険に加入しているとはあまり言えないかもしれません。


本当に育英年金が必要であるかどうかを考えたうえで加入することをお勧めします。


ひとによっては親の生命保険でたくさん保障をつけたうえで加入しているという人もいると思います。


その場合には学資保険には育英年金は必要ないと思いますから貯蓄型に加入しておいて少しでも返戻率が高いものを選んだほうがいいということになるわけです。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学資保険