とは

学資保険というのは子供の教育資金をあらかじめ備えておくというものです。


教育資金というのは、子ども一人に付き公立の学校へ行ったとしても1千万円は必要であるといわれている時代です。


子供が生まれてから学資保険にはいってすぐに積み立てていてもなかなか大変な額ですから、早めに子供の学資については備える必要があります。


学資保険の特徴としては、普通に子供の将来の学資を積み立てているだけでなく、こどもの医療保険や死亡保障などもついているという特徴があります。


普通に銀行で毎月一定のお金を預けていても、子供への健康や死亡など万が一の備えというものはありませんが、学資保険に入っていれば、貯蓄をしながら子供への万が一の備えもできるというメリットがあります。


学資保険は色々な保険会社で販売されていて商品の特徴や内容なども保険会社ごとに違っています。


最近は満期になるまでお金を出せないというよりは、中学校入学、高校入学時に祝い金を給付金として支払ってもらえるというタイプの学資保険などが人気です。


意外と大学に入学するとき以外にもお金が必要な時期というのは節目節目に存在していますから、その時に学資保険から祝い金が給付してもらえるというのは、とても家計にとっては助かると思います。


学資保険に必ずしも入らなければいけないというわけではありませんが、貯蓄しながら保障もつけられるという商品ですから、メリットは多いと思います。


お子さんの将来のために早めに検討した方がいいでしょう。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学資保険