デメリット

これから学資保険に加入したいと思っている人は、しっかりとデメリットについても理解したうえで加入することをお勧めしたいと思います。


学資保険の最大のデメリットと言えば、やはり元本割れだと思います。


低金利の日本では、元本割れしてしまうという言葉を最近よく耳にするという人も多いと思います。


学資保険で預けたお金の大半というのは、こどもへの保障と、そして学資金の積み立てにまわりますが、元本割れしやすい保険商品としても知られているのです。


学資保険で郵便局などは一時期、元本以上に満期時にお金が手に入るということもあり積極的にこぞって預けていたという人もいますが、不景気になって経済状況が悪化してからは学資保険で元本割れしてしまうというケースも多いと言われています。


学資保険で元本割れしてしまうケースというのはどのようなケースなのでしょうか。


契約をする際には必ず元本割れの可能性はあるのかないのか確認したうえで学資保険に加入した方がいいと思います。


学資保険の種類によっては、元本割れしないような学資保険もあるといわれていますから、良くリサーチや検討、比較をしたうえで元本割れしないようにすることが大切なことです。


学資保険のデメリットである元本割れというのは、何十年かかけて積み立てをして行って100万円預けていたという場合に、満期になって手元にはいってみると90万円しかなかったというケースが元本割れといわれている状態にあたります。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学資保険