祝い金

学資保険の祝い金はよく聞かれる言葉として知られていますが、少し前までは学資保険と言えば満期の際の金以外は受け取ることができなかったと思います。


しかし最近は祝い金といって満期にまとめて学資金を受け取らないで、途中で入園や入学のときにも学資金が支給されるというタイプのお金です。


進学学資金と呼んでいたり生存保険金、一時金といったような呼ばれ方もしていますが祝い金といういい方が一般的になじみ深いかもしれません。


祝い金と聞くと学資保険をかけている保険会社に、お祝いとしてお金がもらえるとても素晴らしい学資保険と勘違いする人も多いと言われているのですが、この祝い金は保険会社が支払ってくれているのではなくて、自分で支払った保険料の中から最初から計算されたうえで上乗せされているお金なので、結局は自分が支払っていたお金を分割で受け取れるというだけのことになります。


例えば学資保険の中では満期額資金で300万円というタイプがあったとします。


祝い金がないタイプなのか、それとも満期額資金は200万円で、中学にはいれば50万円、高校で50万円といったように結局は300万円もらえるけど途中でもらえるか最後までもらえないのかということになってきます。


満期額資金の合計額を確認したうえで祝い金がもらえるタイプの学資保険を選ぶのか、それとも祝い金は必要ないのかを考えて行くといいと思います。


どちらにしてももらえる総合計は同じであるということです。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学資保険