加入できない

学資保険には誰でも加入できるとは限りません。


学資保険に加入できない人も中にはいます。


どんな人が学資保険に加入することができないのでしょうか。


そもそも学資保険も生命保険の一つですから契約をする人や子供の今の健康状態や病気のことなどについては告知したうえで加入しなければいけません。


生命保険に入るときに告知をしたり医師の診断を受けて加入できないという人がいるのと同じで学資保険も加入できないかもしれません。


加入で木なかもしれないからといって告知をする段階で嘘を告知した場合は告知義務違反になりますので十分に注意しましょう。


学資保険の場合は一般的には保険会社で保険契約者や子供の年齢制限を設けていることがあります。


年齢制限をまずはクリアしなければ加入したくてもできないのです。


学資保険を契約する契約者である親の年齢制限としては男性は18歳から女性は16歳からになっていて60歳までとなっています。


そして子供の年齢の方は、0歳から15歳ということになっていますが最近は学資保険の中には0歳になる前、つまりお腹にいるときから学資保険に入ることができるというタイプのものなどもありますので、確認してみましょう。


年齢制限や告知した内容によって、学資保険には入ることができないというケースもあるので、まずは自分で学資保険に加入することができるのかどうかを確認したうえで申し込みをした方がスムーズに加入できるのではないでしょうか。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学資保険