選び方

学資保険と言えば数年前までは郵便局の学資保険しかなかったので選び必要がありませんでしたが、ここ数年色々な保険会社で学資保険が販売されていますから自分たちで選ばなくてはいけない状況になっています。


学資保険を選ぶ際のポイントのひとつ目としては学資保険が必要かどうかをまずは考えましょう。


もしかすると学資保険が必要ではないとうケースもあるかもしれません。


たとえばキチンと着実に自分は貯蓄して将来の学費を用意することができるといい切れる人には必要ありませんし、他の生命保険に入っていて、その生命保険の保障が十分につけられているのなら親が万が一のことがあっても教育資金は必要がありませんから、入る必要がありません。


学資保険が必要かどうかをまずは考えて選ぶことが大切です。


そして学資保険が必要ということになれば次に選ぶポイントとしては貯蓄型の学資保険を選ぶのか、それとも保障型の学資保険を選ぶのかそういうことがポイントになってきます。


どちらを選ぶかはその人のライフスタイルや、今加入している生命保険、医療保険によって違いますからどちらかを選びます。


そして学資保険の選び方の三つ目としては満期の時期で決めるという方法もあります。


貯蓄型なのか保障型なのかが決まったら満期の時期を決めていきます。


そして満期保険金額を設定することになります。


毎月いくらの保険料を支払うのかということも併せてこの時点で考えて行き、学資保険を選ぶことになります。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学資保険