等級

自動車保険の等級とは、階級を決めて、事故を起こしていない人にメリットを与えるという仕組みです。


自動車保険は事故を起こした場合の補償のために加入しますが、ある人は事故ばかり起こしているので何度も保険金を受け取っている、でも保険料は同じなのに事故を起こしていないので保険金を一度ももらったことがないという人がいれば、事故を起こさないのでいいはずなのに不公平です。


自動車保険はこの不公平さをなくす意味を込めて、等級が上がれば自動車保険料を安くするという仕組みになっています。


自動車保険の等級は一番最初に加入した場合には6等級から始まります。


そして1年無事に事故を起こさなければ1等級上がります。


この時点で事故を起こしてしまった場合には3等級下がります。


これは割引率がかかわってくるのですが等級の割引率は1等級上がれば20%割引になります。


たとえばこれが順調に等級が上がっていけば16等級くらいになると思うのですが、そうなると割引率が50%になることもあります。


事故を起こしてしまうと3等級ずつ下がりますが、高くなると30%割増になりますので注意しましょう。


たとえば20等級まで行って保険料が60%オフだった人が事故を起こしてしまった場合に3等級下がると17等級になるということになります。


等級を下げなければ保険料は安くなりますから、事故を起こさなければいいということになります。


しかし事故を起こしても保険を使わなければ等級は維持できます。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険