自動車保険の種類

自動車保険の種類は色々な種類があります。自動車保険に加入するということは自賠責保険では補えない部分の補償を手厚くするために加入する目的があります。しかし自動車保険の種類というのは色々とありますから、それをよく理解して加入しなければ、無駄な保険料を支払うことにもつながりますので注意しましょう。
自動車保険の種類として、対人賠償保険があります。こちらは自賠責で足りない分の上乗せとなり契約者とその家族以外の他人に適応されます。対物賠償保険は、他人が持っている物や車に対しての補償です。
搭乗者傷害保険も自動車保険の一つですが、こちらは契約者を含めて、車に一緒に乗っていた人全員が対象になる保険です。自損事故保険は、自分が起こした事故に対して支払われる保険で、無保険者傷害保険は、任意の保険に入っていない車との事故の場合などに降りる保険です。ひき逃げなどにも適応される自動車保険です。
そして自動車保険の種類としては、人身傷害補償保険があります。これは事故を起こしてしまった場合の過失割合に減額なしで保険金がもらえる保険です。
車両保険というのは契約をしている車の修理や損害に対して保証されます。これらが基本となる自動車保険の種類ですが、これ以外にも特約と呼ばれるオプションがあり、臨時運転者特約、他社運転危険担保特約などもありますし弁護士費用担保特約などもあるので、自動車保険の種類というのは実にいろいろな種類があります。
posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険