自動車保険の代理店

自動車保険会社には代理店を設けているところと、代理店がないタイプのダイレクト型の自動車保険会社があります。どちらもそれぞれ特徴がありますから、自分は自動車保険の代理店を設けているタイプが、そうではないタイプのどちらに加入するのがいいのか、考えて選ぶといいでしょう。たとえば代理店を設けているところというのは、従来の自動車保険会社に多かったのですが、代理店を通すことで、保険料は直接自動車保険会社への支払いと、代理店への支払い分も含められることになりますから、若干高めに設定されています。要は中間マージンが発生しているということになるわけです。
しかし自動車保険の代理店を通さないタイプの、今人気のダイレクト型の自動車保険と呼ばれているタイプの場合には、代理店への中間マージンが必要ありませんから、コストをダウンすることが出来ますから、その分の自動車保険の保険料を下げることが出来るのです。
自動車保険の代理店を構えている保険会社としては、日本の会社が多く、最近日本の自動車保険業界に進出しているダイレクト型の場合には、外資系の自動車保険会社が多くなっているのが特徴です。このように、自動車保険の代理店契約をしている会社を選ぶのかそれともダイレクト型を選ぶのかは保険料の違いもありますが、それ以外にも、対面してしっかり保険について考えることが代理店があれば可能であるというメリットの違いもありますから色々ではないでしょうか。
posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険