自動車保険の年齢条件

自動車保険の保険料は年齢によって値段が違ってきます。生命保険の場合には年齢が上がれば上がるほど保険料が高くなるのが一般的ではありますが、自動車保険の場合にはその反対で、年齢が上がれば上がるほど保険料は安くなるということになっています。これは事故を若ければ起こしやすいのでリスクが高いことから計算されて保険料につながっています。若い人は、事故を起こしやすいということで年齢条件割引は年齢が上がれば上がるほどに安くなるということです。
自動車保険の年齢条件には種類があります。年齢無制限として、年齢条件がないタイプ、そして21歳未満、26歳未満、30歳未満ということになっています。この四つのタイプの中で一番保険料が高いのが、年齢制限なしのタイプが一番保険料が高く設定されています。年齢制限が無制限になっている保険料と、30歳未満の保険料では、場合によっては保険料が2倍近くも違っていることもあるくらいです。
もしも一台の車を家族で共有して運転しているという場合には、年齢条件の設定をするので、一番年齢の若い人に合わせなくてはいけませんので、いくらドライバーが父親で50歳であっても、息子も乗る場合に20歳だったら年齢条件無制限で割引がないタイプになってしまいます。もちろん息子が21歳になれば、21歳未満になりますし、26歳未満、30歳未満というように年齢条件は年々更新していけて、保険料も安くなりますから、そのつど保険会社に連絡するといいでしょう。
posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険