自動車保険の車両保険

自動車保険には車両保険がありますが、車両保険を付ける際のポイントについて紹介したいと思います。車両保険に入るという場合の自動車保険金額というのは車の種類や年式によって違っていて、だいたい120万円から150万円というような範囲が指定されています。自分の車に車両保険を付ける場合にはその時の時価に合わせてかける必要がありますので注意しましょう。車両保険は高くかければ、万が一の時にその金額の保険金が出るというものではありませんので、あくまでもその時の自動車の価値の保険金しか支払われませんので注意しましょう。
自動車保険の車輛保険をかける場合には、自分の車の時価を調べて、その時価に金額で掛けるのが一番です。もちろん自動車にカーナビや色々なものが付いている場合には、一般的な時価よりも高くなる可能性もありますが、公平さを保つためには仕方がありません。
自動車保険に車両保険をつけない人も中にはいます。車両保険はそもそも自分で修理代を負担すれば済むことなのでつけない人が多いですが、ローンで車を購入した人の場合には、つけておいた方がいいかも知れませんね。ダイレクト型の自動車保険の場合にはもともとの保険料が安く設定されていますから、車両保険をつけてもそれほど経済的負担にならないケースもあると思います。自動車保険にこれから加入するという人は、まずは車両保険に入るか入らないかから検討して、入るなら、どの会社がいいのか考えるといいでしょう。
posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険