対象外の事故

自動車保険の対象になるのはすべての事故ではありません。


免責のところでもお話したと思いますが、自動車保険では対象になる事故とならない事故があります。


保険料が支払われないケース、つまり対象にならない事故とはどんな事故なのか、免責のところでは飲酒運転をご紹介しました。


また、無免許での自動車運転による事故も対象になりません。


そしてドライバーにかかわらず、地震で自動車事故を起こしたという自然災害が原因であった場合、テロやその他、何らかの理由で車が破損しても対象外になります。


もちろん自分で自分の車を事故させて自動車保険を使うというのも対象外になります。


自動車保険の対象外の事故と合わせて、知っておいた方がいいのが、タイヤについてです。


タイヤのトラブルというのは、車両保険に入っていても対象外になります。


衝突をした場合や盗難にあったとしても、車は対象になるけど、タイヤは対象になりません。


自動車保険では、何でも対象になると思っている人は、対象にならない事故、対象にならない部分があることを、良く理解したうえで加入しましょう。


ドライバーが飲酒していたり、違法にあたる運転をしていれば、搭乗者がいたとして、搭乗者保険に入っていても、対象にはなりませんから、自分以外の人にも迷惑がかかります。


違法運転はもちろんやめるべきですが、自動車保険の適応にならないことを知った上で自動車を運転するようにしましょう。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険