補償内容

自動車保険の補償内容を確認していきましょう。


最初に紹介するのが、対人賠償保険です。


この対人賠償保険は、事故を起こしてしまって、相手に怪我をさせてしまった時に、相手への補償ということになります。


絶対に自動車保険で必要な補償で、設定は無制限にしましょう。


その次は対物賠償保険です。


対物賠償保険は事故を起こしたときに、相手の車や物、建物などを破損させた場合の補償です。


搭乗者傷害補償保険も必要な補償です。


これは事故にあったら、その車に乗っていた人全員が対象になる補償です。


そして自動車保険の車両保険は、自分の車に対しての補償です。


人身傷害保険は、事故によって障害が残ってしまった場合でも、自己の過失割合にかかわらず、人的損害額をあらかじめ設定していて、その設定されている金額の上限範囲内で補償されるという保険です。


下限は3000万円からとなっていますが、それ以上かけておいた方が安心です。


これらが自動車保険の主な補償内容ということになりますが、補償内容が手厚ければ手厚いほど、保険料は高くなりますし、補償内容がそれほど充実していなければ、保険料は安くなります。


しかしできれば手厚い補償をつけておいた方が安心ですから、最低限の補償は必ずつけましょう。


自動車保険の保険料を安くしたいと思っている場合には、補償内容を下げずに安くすることを考えた方が一番いいのではないでしょうか。


保障内容を下げてしまうと、万が一の時に困ります。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険