リスク細分型

自動車保険のリスク細分型は今人気です。


どのようなタイプになっているのかというと、リスク、つまり起こりうるトラブルなどの条件を絞って確認することで、保険料にそれを適応させているのです。


たとえば通勤に車を使わない人は、平日はリスクが低いですから、割引率をアップさせようとか、年間の走行距離が少ない人は、それほど乗る機会がないので、リスクが少ないから割引率がアップするといったような形です。


車をなにに使うのかということに関してもリスク細分型の条件にあてはまります。


レジャー目的の車と、業務目的の車では抱えるリスクが大きく違ってきます。


このように、自動車保険では最近は、乗る人や車にかかってくるリスクを見て保険料を決めるというタイプが人気です。


事故に合うリスクが少ない人は、必然的に保険料は安くなります。


逆にリスクが高い人は保険料が高くなります。


こうしてリスクによって細かく分けていれば、自動車保険料の不公平さというのはありません。


自動車保険にこれから入ろうと考えている人で、少しでも保険料を抑えたいと思っているなら、リスク細分型を選ぶといいと思います。


ゴールド免許を持っている人の場合にも、リスクが軽くなるので、保険料が割り引かれます。


車の安全装置に関してもついていれば事故に合っても、リスクが少ないために保険料が安くなります。


リスク細分型の保険は、今多くの自動車保険に採用されている方法です。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険