外資系

今自動車保険の外資系の会社はとても多いと思います。


外資系の自動車保険の特徴として、一番に挙げられることは保険料が安いことです。


保険料の安さでは日本の保険会社の自動車保険は、比べ物にならないのではないでしょうか。


自動車保険の保険料が安いだけでなく、しっかりとロードサービスについても充実していますから安心です。


保障内容を見てみても、日本の自動車保険会社と比較しても引けを取らない内容です。


1997年に自動車保険の自由化が行われる前というのは、日本の自動車保険会社の間で、ほとんど保険料というのは違いがなく大体どこも同じような値段でした。


しかし今、自由化されて外資系の自動車保険の参入により、保険料はかなり差があります。


サービスも外資系に劣らないようにと、日本の保険会社も色々と充実させています。


保険料に関しては外資系の方が断然安く抑えられると思いますが、サービスの面では、どちらも比較できないほど充実していると思います。


外資系を選ぶのか、それとも日本の保険会社を選ぶのか、自動車保険選びでは難しいところです。


しかし外資系の自動車保険会社にもデメリットはあります。


日本の自動車保険会社は代理店を通しますが、外資系は代理店を通しません。


これは人件費や中間にかかるコストを抑えるためで、そのおかげで、保険料が安くなっています。


しかし代理店がなく、第レクトに契約することで、代理店が行ってきてきめ細やかなサービスが受けられないこともあります。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険