免責

自動車保険の免責については、良く理解したうえで、加入しましょう。


自動車保険を選ぶときに、保険料の安さだけで選んでしまう人がいます。


しかし免責事項について確認しなければ、保険金が下りると思っていたのに、逆に支払わなければいけないケースも出てきます。


自動車保険では、条件が決まっていて、その条件の事故を起こした場合には保険金がもらえないケースがあるといわれています。


この決められている条件のことが免責と呼ばれていることになります。


例えば、一番の免責事由として知られているのが、飲酒運転です。


飲酒運転をして事故を起こした場合には、一円の保険金も給付してもらえません。


他には、免許を持っていない状態で運転をした場合や、故意に起こした事故に対しても、もちろん保険金はおりません。


保険会社で自動車保険を加入する場合には、免責事由がどうなっているのかよく確認したうえで加入することをお勧めします。


他にも自動車保険の加入条件の中に、稀に保険料が安いものがあり、何故こんなに安いのか調べてみると、免責として3万円負担することになっているものもあります。


事故を起こして保険金で全てまかなってもらえると思っていたのに、免責3万円負担しなければいけないことになり、納得がいかないという人もいますが、よく確認していればわかることです。


保険金が下りるか下りないか、そして自動車保険の免責事由についてよく確認した上で、自動車保険に加入しましょう。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険