車両保険

自動車保険の車両保険は、車と車の事故を起こした場合や接触事故、単独で事故を起こしてしまった場合に対象になる保険です。


対物やタイ人の時のように相手に対しての保障というのはありませんから、自動車保険の中では対人や対物の保険のようには重要視されていないという特徴があります。


なぜなら自分で起こした単独の自己の場合には車が壊れてもトラブルにはなりませんし人に迷惑もかからないということもあり車両保険には入らない人がいるのです。


しかし自動車保険の車両保険に加入するという人もいます。


例えば高級車を持っている人の場合には、接触をすれば傷の修理代が高くつくこともありますから車両保険に入っていた方が安心です。


また仕事で車を利用するというような人の場合にも事故に合う確率が高いですから車両保険は加入しておいた方がいいということになります。


自動車保険に入るときに車両保険は経済的に負担になるので必要ないということで加入しない人も多いと思うのですが、経済的に余裕があれば、加入しておけば、安心ですし、自分でこすってしまって、相手がいないような事故を起こしてしまった場合でも、自動車保険の車両保険で治すことができるので安心です。


通常の自動車保険に車両保険は後からつけるという形になります。


特約としてつけるというケースが多く、いろいろな対象によって保険料も違ってきます。


たとえば単独での事故だけに対象になるものもあれば車同士の事故だけに対象になるというものもあります。

posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険