ペット保険の歴史

ペット保険というのは、とても犬をかわいがっている女性が始めたのがきかっけでアメリカやカナダ、オーストラリアといった欧米でペット保険は広まっていきました。今はイギリスやアメリカにはペット保険はほとんどのペットを飼っている人が加入していることでも知られていて、ペット保険会社のみならず、銀行などでもペット保険に加入できるようになっています。日本でペット保険ビジネスが参入してきたのは、まだ今から十数年前のことで、共済としてペット保険は始まりました。
動物病院とペット保険会社との間で色々と問題が生じてきたために、欧米ほどはペット保険の普及が進みませんでしたが、日本でもじわじわとペット保険の普及率は高くなっています。ここ数年でペットを飼うことがブームになっていますから、一時期下火になっていたペット保険も注目されるようになりました。ペット保険というのは、日本での歴史はとても浅いのですが、欧米ではすでに進んで行われていた保険制度です。日本の保険は海外の保険とは違ってペット保険は法律によって許可が決められています。
ペットを飼っている人は、ペット保険に入った方がいいと思ってはいるのですが、なかなかペット保険の認知度が低いために実現していないのが現状です。
posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット保険