ペット保険の猫

ペット保険は犬だけではありません。猫にもペット保険をかけることが可能です。一般的にペット保険といえば犬や猫を対象にしているものが多いのですが、最近は犬や猫以外のペットを飼う人も増えていますから、小動物を対象にしたペット保険商品何度も登場しています。ほとんどのペット保険は犬と猫には必ずと言っていいほど対象となっていますから猫を飼っている人も、ペット保険に加入しておけば、猫が万が一病気になったり、けがをしたという場合でも安心して医療を受けることができ医療費の心配をする必要がないと思います。
たとえば猫がペット保険を使った事例を紹介しますが、猫も下痢や嘔吐をすることがあります。猫の下痢やおう吐は出血性胃腸炎などが考えられますが、その場合は入院治療に4日ほど時間がかかって、その場合病院や症状にもよりますが40000円弱ほど医療費がかかってしまうことが一般的です。
こんな時でも4万円という大金を医療費として支払わなくても、ペット保険に加入していれば、入院日数の日額5千円支給してもらえるところの場合には4日間で二万円の支給がありますから二万円の負担で済むということになりますね。
猫でも医療費はかかりますから猫もペット保険に入っていると安心ではないでしょうか。
posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット保険