ペット保険給付制度の流れ

ペット保険の給付制度の流れについてですが、まずペット保険の給付制度が適応になるかどうかは給付対象がペット保険によって違いますからよく見てから給付の申し込みをしましょう。けがや病気をした場合には窓口で治療費を支払うと思いますが、その際に、ペット保険会社の指定している動物病院で利用する場合には、そのまま治療費は給付制度が適応になった額で支払うことができますが、もしもペット保険会社が指定していない動物病院だった場合には、その場でとりあえず全額支払います。そして病院で診療明細書をもらって帰ってきます。
そして自宅に帰ってきてから給付制度請求書に記入してペット保険会社に贈るという形になります。ペット保険会社に給付制度請求書を送ってから何日化すれば指定した口座にお金が振り込まれるということになっています。振り込まれる額というのは、ペット保険会社それぞれが医療費を何パーセント負担するのかによって違っています。
ペット保険の給付金制度の仕組みは、だいたいどのペット保険会社も同じ流れになっています。ペット保険の給付制度を利用すれば医療費がかなり安くなりますからペットの飼い主の負担も減り、飼い主は助かりますね。
posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット保険