ペット保険の必要性

ペット保険の必要性をまだ日本ではあまり感じている人が少ないといわれています。またペット保険の必要性は感じているが、具体的にペット保険に入らなくてはいけないという危機感を持っている人は少ないのではないでしょうか。ペット保険の必要性は何でしょうか?人間においては、病気になったら健康保険がありますから診療費を何割か負担するだけでいいのですが、ペットが病気になったら健康保険がありませんから全額負担を強いられることとなります。そうなるとかなり飼い主には医療費の負担がかかってきます。
高度医療を受けた場合には、かなり高額な治療費がかかりますからペット保険がここで必要になってくるのです。しかしペット保険の必要性は感じていながら、実際にはペット保険に加入している率というのはとても低く、1%にも満たないといわれています。
イギリスなどの欧米ではペット保険の必要性をかなり前から認知されていて加入率も13パーセントとなっています。これからはペットも人間と同じで高齢化が進んでいきますからペットの医療費もかかってくると思われますので、ペット保険はもっと必要になってくるのではないでしょうか。
日本でもペット保険の必要性がもう少し浸透すると思います。
posted by 保険 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット保険